郵便局時代、FPの勉強をしているうちに、あることに気が付きました。

こんにちは、鬼塚祐一です。私は3年前に独立しFP事務所を開業しました。

おかげさまで、売上は右肩上がりで推移しています。

まず1年目の2015年、4月からスタートし、年商は522万円でした。

2016年は1340万円、2107年は1800万円でした。

金融機関とは一切提携していません。

つまり、保険会社や証券会社からのコミッションは、1円もありません。

お客様からお支払い頂く料金だけでの売上です。

今年は、3000万円を目指して頑張っています。

今でこそ、このような状況ですが、独立前は、けっこう大変な状況でした。

私はもともと、郵便局員でした。

大学を卒業して、最初に就職したのが、郵便局だったのです。

最初の半年は郵便配達をして、その後は、カンポの営業をしました。

その頃、嫁の勧めで、FPの試験を受けることにしました。

郵便局にもFAやLCといった独自の資格はあります。

FAはファイナンシャルアドバイザー、LCはライフコンサルタントです。

どちらも1級まで取得しましたが、民間では通用しないだろう、と思いFPの勉強をしました。

ところが、勉強をしているうちに、あることに気が付きました。

長くなりましたので、続きは、メルマガでお話ししますね。^^

本日、3月22日(木)夜8時に配信します!

年商1800万円を超えた体験談!金融商品の仲介なし!
人気が出るFPになる秘密!10日間無料メールセミナー

CFPとFP1級を取得後、独立してFP事務所を開業。ネット集客で年商1800万円を突破。ファイナンシャルプランナーとして食べていけるか不安なあなたへ体験談をお伝えします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする