AFP登録そして将来CFPへの取得はどんなメリットまたは仕事があるのか?

おはようございます、鬼塚祐一です。私は元郵便局員です。

郵便局に勤務しているときに、2級FP技能士を取得しました。

当時、AFPには興味がありませんでした。

なぜなら、会費がかかるから。(笑)

その後、郵便局を辞めて、小さなFP事務所に転職しました。

そのときに、AFPを取得することになります。

というのも、1級FP技能士を受験していたのですが、何回受けても、ダメだったのです。

そこで、1級FP技能士は諦めました。

その代わり、CFPを目指しました。

CFPであば、1科目ずつ受験できるので、何とかなりそうだと思ったのです。

それに、CFPを取得すると、カンタンな試験で、1級FP技能士が取れることを知ったからです。

そのために、まず、AFPを取りました。

その後、3年かけて、CFPを取りました。

半年に1回試験があるので、1科目ずつ合格していきました。

ただ、FPで独立するにあたりCFPでは無くても問題ないと思います。

というのも、FP事務所に勤務時代、2級FP技能士のときも、月に100万円以上の売上を上がることが出来ていました。

なので、CFP取得のメリットは自己満足感が得られる、という感じだと思います。

それよりも、大事なことは、集客力だと私は考えます。

集客さえ出来れば、金融機関と提携しなくても、食べていけます。

私の実体験を、こちらで赤裸々にお話ししますね。^^

年商1800万円を超えた体験談!金融商品の仲介なし!
人気が出るFPになる秘密!10日間無料メールセミナー

CFPとFP1級を取得後、独立してFP事務所を開業。ネット集客で年商1800万円を突破。ファイナンシャルプランナーとして食べていけるか不安なあなたへ体験談をお伝えします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする