鬼塚は、FPとしてお客様に喜ばれる情報を提供をするために、何で勉強しているのか?

こんばんは、鬼塚です。私はFPの資格取得のための勉強は実務では役に立たないと考えています。

まぁ、人によるのでしょうが、私の場合は、役に立った記憶がありません。

コンサルで、ソルベンシー・マージン比率や、年金の計算式や、建ぺい率や、事業承継としての自社株設計なんて、お客様から聞かれたことは一度もありません。

聞かれないので、FPの試験勉強で得た知識の出番がありません。^^

では、鬼塚は、FPとしてお客様に喜ばれる情報を提供するために、何で勉強しているのか?

いくつかありますが、メインは何のひねりもありません。

日本経済新聞です。

朝刊、夕刊、電子版を読んでいます。

朝刊は10分ほど、夕刊は3分ほどで、読み終わります。

たとえば、投資信託の新商品情報は、日経新聞で知ることがわりとあります。

また、私が、日経新聞に求めているのは、セミナーで使えそうなデータです。

使えるデータの見つけ方はカンタンですので、こちらでお話ししますね。^^

年商1800万円を超えた体験談!金融商品の仲介なし!
人気が出るFPになる秘密!10日間無料メールセミナー

CFPとFP1級を取得後、独立してFP事務所を開業。ネット集客で年商1800万円を突破。ファイナンシャルプランナーとして食べていけるか不安なあなたへ体験談をお伝えします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする