ホテル阪急インターナショナルはおすすめ?FPが大阪出張で宿泊するホテル!

こんばんは、鬼塚祐一です。今月は、大阪に出張しました。

今回の宿泊先選びは、泊まったことがない、かつ、大阪駅から近い、高層階で夜景が綺麗、がテーマでした。

すべて満たしたのが、ホテル阪急インターナショナルだったので、予約しました。

予約は、いつも楽天トラベルを使っています。

では、ホテル阪急インターナショナルのレビュー記事スタートです。

大阪駅から、歩いて、10分かからずに到着。

大きいですね~。

横じゃ入り切らないので、縦でも撮ってみました。

さっそく中に入ってみます。

ツリーがお出迎えしてくれます。

ツリーを通り過ぎて、左手に、ホテルの入り口があります。

入ります。

フロントは2階にあるようです。

エスカレーターで2階へ。

2階に登ると、豪華な廊下があります。

フロントらしきものが見当たりません。

まっすぐ進んでみます。

すると小さが入り口が。

進んでいくと、

フロントがありました。

フロント周辺の寛ぎスペースが充実しています。

とりあえず、キャリーケースだけ、預けて、コンサルに向かいました。

コンサルが終わり、チェックインをすると、

「お荷物はお部屋に運んでおります。」

とのこと。感激です。^^

エレベーターで、客室がある階に行きます。

廊下を進んでいきます。

明るくて良い雰囲気です。

部屋の前に到着。

さっそくドアを開けてみましょう。

お~良さそうです。

左手にはクローゼットがあり、扉が鏡になっています。

開けてみると、広々しております。

バスローブもあります。私は使いませんが。

クローゼットの向かい側に、別の扉があります。

開けてみましょう。

豪華な洗面台です。

左側には、

シャワー室があります。

レインシャワーです。

私はレインシャワーを使いこなせないので、シャワー室は初日の1回しか使いませんでした。

右側には、

バスタブがあります。

身長174センチの私が、足をゆったり伸ばせるサイズです。

バスタブにもシャワーがあります。

その手前に、トイレもあります。

続いてアメニティー。

男性用の化粧水と乳液があったので、使ってみたら、翌朝、良い感じでした。^^

シャンプーやコンディショナー、ボディソープも、女性用と男性用が準備されていました。

こういうのは初めてです。

洗面台には椅子があり、タオルでカバーされています。

濡れたまま、裸で座ることも可能です。

では、部屋に戻りましょう。

収納があります。

開けてみましょう。

ミネラルウォーターが2本、常温で置いてありました。

フレーバーティーがたくさんありました。

お菓子もありました。

引き出しを開けると、コーヒーセット。

もうひとつの引き出しは、ミニバーになっていました。

グラスはビールを飲むのに良い感じでした。

冷蔵庫の中も、ミニバーになっていました。

では、ベットルームへ。

良い感じです。

ベットはキングサイズで広々です。

ベットサイドはコンセント完備です。

ホテルでは珍しくテレビが、壁掛けではなく、テレビ台に置いてありました。

テレビの横には、なぜか、CDプレーヤーがありました。

CDなんて持ち歩かないので、使うことはありませんでした。

続いて、デスク。

パソコン作業をするのに、十分な広さです。

夜は、ビールを飲みながら、ソファーで作業をしました。

それでは、せっかくの高層階なので景色をチェックしてみましょう。

午後はこんな感じです。

そして、夜。

この夜景だけで、ビールが進みます。^^

左の方角を見ると、大阪駅付近が見えます。

それから、部屋で、見られないものを発見しました。

これです。

何に使うか分かりますか?

私は分からなかったので、フロントに電話して聞きました。

このように使うそうです。

わざわざ、クローゼットまで行かなくて良いので、便利でした。

ということで、FPが大阪出張で宿泊するホテルとして、ホテル阪急インターナショナルは、おすすめです。

大阪では、大阪マリオット都ホテルが1番好きなのですが、残念ながら大阪駅から、ちょっと距離があります。

立地で選ぶなら、ホテル阪急インターナショナルに軍配が上がります。

ということで、今後も利用する機会がありそうです。

他にも、FPが出張で宿泊するホテル、全国主要都市レビューをこちらもまとめています。

年商1800万円を超えた体験談!金融商品の仲介なし!
人気が出るFPになる秘密!10日間無料メールセミナー

CFPとFP1級を取得後、独立してFP事務所を開業。ネット集客で年商1800万円を突破。ファイナンシャルプランナーとして食べていけるか不安なあなたへ体験談をお伝えします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする