変額保険を売るのに疲れた保険代理店のFPさんへ

こんにちは、鬼塚祐一です。昨年、新しい変額保険が出ましたね。

東京海上日動あんしん生命の新変額保険(有期型)マーケットリンク。

聞くところによると、アクサ生命のユニットリンクよりも、コミッションが3割ほど高いとか。

ソニー生命のバリアブルライフと比べると、倍以上という話も。

この手数料収入の高さに、胡散臭さを感じて、お客様に提案できずにいる、というFPさんもいらっしゃいます。

では、今後、どうしますか?

ノルマを達成できず上司に詰められて大きなストレスを抱えつつ、お客様本位の仕事を貫きますか?

それとも、きっぱり割り切って、変額保険をどんどん売っていきますか?

おそらく、どっちつかずのまま、というFPさんが大勢いると思います。

私は、独立する前、こういう方法を考えていたことがあります。

乗合代理店と証券会社のIFAをどちらもしている大きな代理店に移籍しようと。

そうすれば、収入保障保険や医療保険は今までどおり販売できるし、既存客のアフタフォローも可能です。

資産運用に関しては、投資信託を勧めることもできます。

結局、いろいろ事情があり、それは出来ませんでしたが、もし移籍できていたとしても、ストレスからは解放されなかったでしょう。

というのも、IFAになっても、結局、変額保険のときと同じ悩みが出てきます。

ノーロード投信を売っても、ほとんど収入にならないからです。

まず、購入時手数料が0円ですから、あなたには1円も入ってきません。

ただ、信託報酬から一部入ってきます。

実は、私は会社員時代、ある証券会社のIFAもしていました。

そのときの報酬は、信託報酬の、およそ4分の1ほどでした。

たとえば、私が今、提案してる投資信託の信託報酬は、0.2%ほどです。

では、0.2%の投資信託を販売すると、いくら手数料が入ってくるでしょうか?

0.2%の、4分の1ですから、たったの0.05%です。

もし、あなたが頑張って、1年間で、1億円分、投資信託を販売したとしましょう。

その結果、入ってくる報酬は、いくらだと思いますか?

5万円しか受け取れないのです。

しかも、IFAは証券会社に、システム使用料などを払う必要があります。

それを払ったら、赤字です。

なので、IFAで食べていくためには、購入時手数料や信託報酬が高い、アクティブファンドを売るしかありません。

いかがですか?

変額保険と、同じような状況ですよね。

もし、こういう状況から解放されたいのであれば、もう、きっぱり募集人を辞める、という選択肢も考慮してみてはいかがでしょうか。

募集人を辞めるのは、怖いかもしれません。

でも、勇気を出して辞めてみると、こういう世界が待っていますよ。^^

年商1800万円を超えた体験談!金融商品の仲介なし!
人気が出るFPになる秘密!10日間無料メールセミナー

CFPとFP1級を取得後、独立してFP事務所を開業。ネット集客で年商1800万円を突破。ファイナンシャルプランナーとして食べていけるか不安なあなたへ体験談をお伝えします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする